洋菓子、フランス菓子のBoule De Neige(ブールドゥネージュ)オフィシャルサイト

今月のスペシャル

モン・ブラン・オ・マロン Mont Blanc aux marrons

モン・ブラン・オ・マロン
Mont Blanc aux marrons

【北上本店】【緑ヶ丘店】

秋のお菓子のラインナップに欠かせない素材が栗です。栗の代表格のお菓子として君臨するのがモンブランですね。モンブランというと大半の方は独特のフォルムと味を想像できるのではないでしょうか?日本に於いてもこれだけポピュラーなお菓子は数えるほどだと思います。栗をふんだんに使い、山の形に似せて作ったことからモンブランと呼ばれます。名前の由来は、アルプス山脈のモンブランであり、フランス語で「白い山」を意味します。フランスではモン・ブラン・オ・マロンまたは短くモン・ブラン、地方によってはトルシュ・オー・マロンと呼ばれています。上に振りかけられる白い粉砂糖は雪を表し、山名と同様にイタリアではモンテ・ビアンコと呼ばれます。このケーキはフランス・サヴォワ県と隣接するイタリア・ピエモンテ州の家庭菓子が原型であり、当初は栗のペーストに泡立てた生クリームを添えたデセール(冷菓)でした。これをもとに、モンブランを看板メニューとする1907年創業のパリの老舗カフェ「アンジェリーナ」がクリームをメレンゲ上に搾り出した形に発展させました。

ブールドゥネージュでは毎年素材の栗を厳選しております。今年は熊本阿蘇産のホクッとした和栗独特の香り、味わいをお届けします。センターにはフランスの力強い栗のペーストが入り、和栗との相性をお楽しみいただけます。この秋一番のおすすめ商品です。渾身のモンブランをどうぞお召し上がりください。

モン・ブラン・オ・マロン 430円+税

Tarte aux poires タルト・オ・ポワール

タルト・オ・ポワール
Tarte aux poires

洋梨のタルト、今年も販売します!

【北上本店】

お菓子屋、パン屋でも店頭に並ぶ馴染みのあるお菓子ですが、意外に知られていない歴史をご紹介します。洋梨のタルトは別名タルト・ブルダルー。ベルエポックの時代、ブルダルー通りに店を構えていたファスケルが考案したという説や、長い説教で有名だったイエズス会の説教師ルイ・ブルダルーに由来するという説もあります。フランの上に桃、アプリコット、ウィリアムス(洋梨)などを十字の形に飾ったとされており、一般的にブルダルーはアーモンド風味のクリーム上に果物をのせて焼いたものです。アーモンドの香りとフルーツの組み合わせはベストマッチです。当店でも毎年好評を頂いております、是非このシーズンご賞味下さい。

【販売期間9月~3月まで】15㎝φ 1,000円+税

フロマジュリー Fromagerie

フロマジュリー Fromagerie

【北上本店】

しっとりふわっとした食感の生ブッセに、フランス産クリームチーズと濃厚なカスタードクリームをベースにしたなめらかなチーズクリームを絞り込み、自慢の厳選した最高級純生クリームを多彩なフレーバーで更にサンドした、新食感の冷やして食べる生ブッセです。日本人の大好きな食感にこだわった逸品です。きめ細やかでソフトな、とろける食感がクセになるはずです。

フロマジュリー 各250円+税

ベベ

ベベ Bebe

【北上本店】

ベべとは赤ちゃんの意味。赤ちゃんのような繊細でふわりとした優しいスフレチーズケーキ。通常のデザートスフレとは違って放置してもしぼむことはありません。メレンゲを沢山含み、さらに湯煎焼にすることで、このふわっとした感じに焼きあがるのです。実はこのチーズケーキ、日本が発祥とされ、海外では「japanesecheesecake」と呼ばれることも多いのです。ベイクドチーズケーキに比べてカロリーが低いので、ダイエット中でもあまり心配なく食べられます。

べべ 12㎝φ 800円+税

バックナンバー
以前に紹介した商品はこちら